時間という幻想

with コメントはまだありません

 


昨日まで、連続で亡き大久保氏の記事を紹介させていただいた。
お読みいただいた方、
ご一緒に追悼いただき、ありがとうございました。
 
改めて、昨日までの大久保氏の記事を読んで、
私が触れたくなったのは、
「時間」という概念についてだった。
そして、思い出したのは、
誰もが知っている昔話「浦島太郎」。
 
時間という一直線のものは、思い込みに過ぎなく、
たたみ込まれている。
地上という舞台で経験するための仕掛け、
幻想だということを、
マスターBは、合理的に言葉で説明しようとしている。
「意識は過去と未来との架け橋だ。
瞬間をいくら集めても時間にはならない。」と。
浦島太郎はそれをメタファーで説明しようとしている。
伝えたいことは、同じと考えていいのではないだろうか。
 
ミコトから、
「あなたの頭が硬いのだ。
あなたは、テレビや演劇で見る舞台の中では、
例えば、
『そして、10年が経った』などと、
テロップやアナウンスが流れると、
すぐにその時間の流れに同化するのに、
自分の人生という舞台上の時間感覚には
固く縛られてしまっている。
あなたの生きる人生という舞台にも
同じ刻みで進む一直線の時間という概念はない。
時間は幻想に過ぎない。」
といった意味のことを言われたことがある。
確かに、同じ時間でも、
早く流れたり、遅く流れたりという感覚に
陥ることは誰でも経験していることだろう。
 
つまりは、この地上という舞台における人生も
テレビドラマと同じなのだ。
現実味を帯びて人生を経験するために、
私たちに時間という感覚を思い込ませただけなのだと
ミコトは言いたいのだ。
もう、その感覚から離れる時がきている
ということだ。
 
地上の私にとっての、
私の年齢68年は、
どうも、天界(浦島太郎なら竜宮城)に於ける
1日に満たないと言えそうだ。
 
時間だけでなく、空間も然り。
 
最後にアインシュタインの相対性理論を以下に。

物理学者アインシュタインの相対性理論によれば、運動している物体の時間の経過は、静止している物体のそれに比べて相対的に遅くなる。この現象は日常的には判らないが、光速に近づくと顕著になり、理論的には、光速に達すると時間は止まってしまう。そのため、光速に近い速度の宇宙船に乗って宇宙旅行をして帰還すると、地上では宇宙船での何倍もの時間が経過しており、宇宙船の乗組員は、さながら浦島太郎の様相を呈することとなる- Wikipediaより。
 
これを機に、
時間について考えていただけたら、嬉しいです。
 

Leave a Reply