アイスバーグからの啓示

with コメントはまだありません

 

 

20年余り前、
私が「アンズの庭」の持ち主だった頃のこと。
今思えば、あれは啓示だったのだ。

 
「体験していないことは、分からないのだ。」
という言葉と共にもたらされた、
私を驚愕させた、聖なる純粋な一瞬の感動。
 
写真は当時の玄関前のツル薔薇アイスバーグ。
このアイスバーグを眺めていた時、
突然、一輪のアイスバーグから
解き放たれたようにカーブを描いて、
形ある感動が、私のハート深くまで貫いた
 
それは一片の曇りもなく剣のようにつやつやと鋭く、
それでいてあくまでもまろやかに、
パール色に輝きつつ、私の魂を射抜いた。
生涯決して忘れることはないだろう。
 
そして、2014年夏のこと。
コンタクトしてきていた存在から
名を明かされたそのすぐ後、
私は、アイスバーグが咲いているはずのないカトマンズで、
アイスバーグが咲いているのを見た。
 


 
アンズの庭のアイスバーグと、
カトマンズのアイスバーグが、
一本の糸でつながって、
輪が閉じた。
これは偶然ではない。
思い出すために蒔いておいた種が
芽を出したのだ。
これを機に、
私は霊的な世界に大きく歩みを進め始めた。
高次の存在からメッセージを
受け取るだけの関係から、
相互に対話する関係となった。
 
すべてはシナリオ通りに、
私の人生に、
用意されていたことだったのだと
今は分かる。
そう、
体験して分かったのだ。
 
振り返れば、
これまで人生に起こったすべてが、
一本の糸でつながっている。
人生とはそういうものなのだ。
このブログを今読んでくださっている方の中には、
この私の思いに共感してくださる方が、
少なからずいらっしゃるに違いない。
 
私たちは、
生前に自分の人生を計画して
この地上に降りてくるが、
計画書以上に人生の生き方の明暗を
分けるのが
神から与えられた自由意志だ。
 
目の前の選択肢を
愛を動機として選ぶか、
それ以外を動機として選ぶか。
それだけが問われていると言っても
過言でない。
 
愛で選べば、
自分が計画してきた人生を成就することはもとより、
それ以上の成果を自らにもたらすことすらできる。
 
愛以外で選べば、
いつまでも魂が磨かれず、
何度も輪廻を繰り返すことになる。
 

私たちは、
自分の計画してきたシナリオを
忘れてしまっているから、
死を迎えた後に、
どこまで自分が愛で選び、
自分の計画していたことをなし得たかを、
知ることになる。
こうした人生の決算書を前にして、
多くの魂は自らの反省を踏まえ、
再び、三たび、何度でも
地上に降り、魂を磨き上げることに
挑戦する。
もちろん、これも自由意志で。
 
私たちの生きる目的は、
愛を基に瞬間の選択を重ね。
自らの魂を磨きあげることにある。
それが、宇宙全体に貢献することにつながる。
 
「部分は全体のために、全体は部分のために」
 
だから
今地上で生きながら、
「神なら今どうする」
「愛なら今どうする」
と自らに問うことは、
エゴから離れ、
自分の計画してきた道に進むための
有効な方法だ。

 

Leave a Reply